友情以上のものがある?

一般書籍を読んでいて、男同士で仲良くしているくらいならともかく、なにやら友情以上のものがあるのではないか?という思わせぶりな文章の小説とかはあまり好きではありません。
好きなら好きでも良いけれど、その感情は友情なのか愛情なのか、はたまた家族愛的なものなのかはっきりして欲しいです。
今はやりってほどの今更感で、こういうキャラクターが好きなんでしょ?みたいな思わせぶりなのは読んでいてもスッキリせずにもやもやします。
物語なんだからなにもかも詳らかにしなければならないという事はありません。
でも、なんとなく軽く馬鹿にされているような気がするんですよ。
自意識過剰の可能性もかなり高いとは思いますが、もやもやするのは好きではありません。