転職の面接

転職を初めてします。一人薬剤師の年齢不問の転職ということで緊張します。
周りがよく言っているようなスキルアップなどというかっこいいものではありませんが、自己都合ではあります。
転職を経験している人に聞くと、面接では前の退社理由を聞かれたとのこと。
こうした場合はちゃんと正直に伝えたほうがいいといわれました。
ですが、前の会社の悪い部分は口にしないほうがいいようです。
それはわかります。
しかし、自分の勝手な都合で転職したいということを伝えて印象が悪くなってしまうと不利になってしまうのでは?
何しろ初めてだらけで、何から手をつけたらいいのかわかりません。
前向きな考えを中心にした自己アピールの仕方も考えていますけど、果たして自分が考えたことで良い印象を与えられるのか、そして必要としてくれるのか不安でなりません。
前向きな気持ちはすごくあるのですが、気持ちって言葉に表すとなると難しいものですよね。
何度も頭の中で考えた言葉を書いてみるものの、読み返しているうちにおかしくなってきてしまい、寝ても冷めても転職のことばかりになっています。
そのまえに、行動をもっと積極的にやっていかないと転職先を見つけることすらでいなくなってしまいそうで気持ちばかりが焦っています。

物語と現実

毎年ゴールデンウィークは嫌なことが起きるイメージしかありません。
しかし今年は人に話すほどの嫌なことは起きていませんね。
強いて言うなら、読んだ本の中の恋人たちが微笑ましくて良い読後だったんですけど現実世界の自分の状況を思い出して暗い気持ちになったってことですかね。(笑)
物語の中には現実とは思えない悲劇だってあります。
でも現実にも酷い事故や事件はあります。
あれ?どっちも一緒ですかね?
いやいや、遭遇率で言えば物語の方がいろいろあります。
エンターテイメント、とはいえ心が重くなってしまう物語には出会いたくありません。
話しをもとに戻すととても良いカップルの話しを読んだってことです。
微笑ましいけど現実はもっと寂しくなっちゃいましたよ!