ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット氏は“オマハの賢人”と呼ばれる世界最大の資産家です。
彼と一緒にランチをする権利がオークションで2千万円にもなったほどです。
そしてこのお金持ちはそのお金を懐に入れることはせずに全額寄付をしました。
彼は6歳のときにおじいちゃんの雑貨店でコーラーを6本入り25セントで購入して1本25セントでバラバラで売り6本で30セントを手に入れました。
中学には新聞配達で教師よりも多い収入を得いてます。
高校時代には近所の床屋さんでピンボールを置きリース代を稼ぎ卒業時には農場と万ドルの賃金を持っていたと子供の頃から凄いですね。
彼の名言
買うのは企業であって株ではない
リスクとは自分が何をやっているかよくわからない時に起こるもの