ひざに優しい歩き方

ひざに優しい歩き方というのは、足幅を開かない、腰をねじらない、上半身を揺れない。
の3つです。
歩幅は開きすぎないで自分にあった歩幅で歩く。
開きすぎると上半身が反り返った歩き方になる。
地面からの衝撃が大きくなっていまう。
下半身を出した足に乗せるイメージで歩く。
上半身が地面に対して垂直にして間接をねじって歩いてしまう。
ひざとつま先の向きが違うとダメ 外や内側 ひざ関節がねじれている。
つまさきの方向にまっすぐ歩く。
したを見て歩くと頭の重さ5キロが舌にいっちゃうので前を見る。
上下運動が大きな歩き方はひざに負担をかける着地のときにひざに余計な負担をかける
歩く先にまっすくなもの、フェンスや塀などがぶれないように気を付けて歩く。