出窓からの直射日光がきつい

気温が高くなると私にとっては嫌な季節がやってまいります。
私の部屋は出窓からの直射日光がきついので、毎年出窓にはすだれをたてかけてその後ろから車の中に入れておくような反射板も重ねておきます。
もともと、窓は開けないのでそれくらいガッチリしても困ることはありません。
そろそろそうやって防備しないとなと思っていたら、父親が出窓の外にすだれを設置しました。
それからさらにいつものようにすればかなり涼しいかも?なんて思っていたら・・。
設置して数日後、寝ているときから音が煩くて何度も目が覚めました。
朝の4時頃にようやくその犯人がすだれだとわかりました。
すだれを上にひっかけるために金具がついていたんですよ。
それが窓にバシバシあたっていました。
金具はとれないので凄く迷惑です。

コロナに警戒中のとき

新型ウィルスのコロナに警戒中のときに、街コンをやろうとする人がいるんなんて信じられないです。
もちろん、前々から予定はあったのでしょうけれど、開催している場合ではないです。
エントリーしていた人もキャンセルをする人が続出というのもわかります。
パートナーが欲しい気持ちは、痛いほどわかりますが今はそのときではないでしょう。
そんな時に街コンに参加するような人とは出会ったとしても続かないし、一緒にいたいと思わないですよ。
やっぱり根本的な部分で考え方が同じ人じゃないと長続きしないですよね。
この時期に出会うのは良いけど、会ってしまうと濃厚接触者になっちゃうだろうし、ちょっとご飯を一緒にというのも難しいので困りますね。

春になると不調

良い思い出よりも悪い思い出の方がずっと残っていません?
ふと嫌なことを思い出すとか。
人それぞれなんでしょうか。
私はこの度、春になると自分の体調が悪くなるということをやっと自覚しました。
そりゃあ、季節の変わり目は悪くなるものですよ。
私のようにアトピーの人じゃなくても、ゆらぎ肌対策とかなんとか聞きますからね。
でも私の場合はゆらぐどころじゃないですよ。
顔の皮が何度も何度も剥がれ落ちるのは本当に困ります。
わりと簡単に向けるけれど、いっきには剥がれないからメイクをしては乾いてういて酷い状態です。
マスクをしていてもまぶたは隠せないし。
花粉症の影響で涙は出るから目は腫れるし。
普通の肌で普通に過ごす人が本当にうらやましいです。

加工し過ぎな写真

写真の修整のしすぎ、加工しすぎってやる人の気持ちはさっぱりわかりません。
ネットにアップしたあとにでも、見直すことはないんですかね。
だってあきらかに気持ちが悪い顔になっていますよ?
なつかしのプリクラだったら印刷してしまったらおしまいだからしかたがない。
でも自撮りした写真だったらその写真を取り下げることだってできるわけです。
芸能関係の人ではない一般人でも、自分の写真をバンバンあげている人の気も知れないですけど、加工の違和感が目につきます。
不自然だし元の自分を消すという行為を全世界の人に見せている。
それは恥ずかしいことだと思うんだけど本人たちは良くみえていればそれこそが正義だという考えなんでしょうかね。

友情以上のものがある?

一般書籍を読んでいて、男同士で仲良くしているくらいならともかく、なにやら友情以上のものがあるのではないか?という思わせぶりな文章の小説とかはあまり好きではありません。
好きなら好きでも良いけれど、その感情は友情なのか愛情なのか、はたまた家族愛的なものなのかはっきりして欲しいです。
今はやりってほどの今更感で、こういうキャラクターが好きなんでしょ?みたいな思わせぶりなのは読んでいてもスッキリせずにもやもやします。
物語なんだからなにもかも詳らかにしなければならないという事はありません。
でも、なんとなく軽く馬鹿にされているような気がするんですよ。
自意識過剰の可能性もかなり高いとは思いますが、もやもやするのは好きではありません。

褒められれば嬉しい

人は何歳になっても褒められれば嬉しい。
そんなの考えなくったって、自分にあてはめればわかりますよね。
実家の父が玄関脇の花々を植えるところに何故かバイクの部品とかモーターで動く小さい船とか飾っているんですよ。
植木がないにしても、なんでこんなものを置いているんだろうと不思議に思っていました。
先日、廃品回収にきた男性3人がそれを見て盛り上っていました。
それでいったいなんで盛り上がるのかわかりませんけど、男性連中には刺さったみたいです。
「趣味がイイっすね!」とか言われてまんざらでもない様子の父。
最近は孫の影響もあってか昔よりは丸くなりましたけど、そういう愛想のよい対応も出来るんだなと。
私だってふいに褒められたら嬉しいのだから、相手を褒めるというか持ち上げるというかそういうのは必要だなと思いました。

ブラックフライデー

ブラックフライデーが日本でも活性化してきた?ようですけど、今のところ自分には関係ないかなと思っています。
テレビとかで普通に買えば3000円以上はするような洋服が一人100円!とか聞いたら、新品で100円なんていいな、欲しいなと思うけれど、そのために何時間も並ぶ気持ちにはなれないな。
そりゃあ、安いのならばこの機会に何かを買いたいと思いますよ。
でも今はモノよりも人生の幸せが欲しいです。(笑)
現在の望みはお金で買えないものだからこそ、「欲しいものがない」と言えます。
無駄なものを買うお金はないけど、欲しいものが出来たらそりゃあある程度の無理くらいならするでしょう。
しかし、幸せは売っていませんからね。
欲しいものが買える人がうらやましいです。

幸せと不幸せは同じくらい

人生の中で幸せと不幸せは同じくらいになっていると思っています。
でも不幸な事故で若くして亡くなってしまう人がいるので、絶対だと言う気はありません。
あくまで生きていく中での話しです。
自分が傷つけられるのは嫌だと誰もが思うはずです。
だからこそ他人をむやみに傷つけて良いはずがありません。
アメリカで飼い犬だったビーグル犬が生きたまま皮を剥がされていたのが見つかったと聞きゾッとしました。
生きたまま75%もの皮を剥ぎ取られたビーグルは保護されたけれど結局は安楽死させたそうです。
こんなことをする人間がいるなんて信じられません。
懸賞金をかけてまで捜査しているそうですが逮捕して欲しいです。
動物から人間への虐待になるのも防がなければなりません。

ひとりごととの差

みなさまの職場では、ひとりごとって多い方ですか?
私が働いている職場ではけっこうみんな、ひとりごとしちゃってます。
かくいう私もしてますね。
上司なんかはとても大きな声で言っているので、たまにひとりごとなんだか、誰かに指示出しているのかわからなくなります。(笑)
似たようなことで。
隣席の薬剤師Oさんが、PC画面を見ながらぶつぶつ言っていたんですよ。
ひとりごとだと思って自分の仕事をしていたら、「すみません、時間をつくってもらえますか」って言いだして「え?私に話しかけていたんですか?」ってなりました。
私が忙しくて無視しているみたいじゃないですか!
名前呼ぶか私の方を見て言ってくださいよ~!と言っちゃいました。

28度設定に科学的根拠はない

地球温暖化のための電気消費に対する考えかたはここ何年も前から政府からの発信もあってかわりはじめていますよね。
エアコンの温度は28度を推進するっていったいいつからのことでしたっけ?
もう忘れてしまうくらい前から聞いたことがある条件ですよ。
しかし!28度設定に科学的根拠はないって言う人がいます。
まあ、いろんな意見がありますよね。
25度に設定した姫路市役所があります。
お店に入っても涼しくないところがある中で良いと思いますよ。
仕事の効率が上がるので時間内に終わらせることも出来るでしょう。
低くすると寒い人は厚着すればいいんですよ。
さむがりなのは女性に多いのですが、暑くても脱ぐことはできないのだから仕方がありません。