脳過労の回復方法

脳過労の回復方法としては、何もしないでぼんやりとしていることが大切です。
ぼんやりするときに脳は情報を整理しているからです。
瞑想とかってなったら慣れるまで難しいけど、ぼーっとするのは誰でもできますね。
スマホがないときに指を動かしたり、何かを触ったりスマホの代わりを求める行動をするのはスマホ依存です。
スマホを手にしていないと不安や焦るのに自分が依存症かどうか意識していない。

よく眠れない事が多い
物忘れが増えた
よくイライラする
やる気、興味がなくなった
仕事や家事の段取りが悪くなった

依存症は3つ以上あてはまる人。
私はひとつだけなのでだいじょうぶそうですよ。
そもそも、スマホは持っていないのでPC依存ではあるかもしれません。

元号が変わる瞬間

元号が変わる瞬間は昭和から平成の時も生きていましたけど子供だったので全く覚えていません。
令和初の一般参賀はもの凄い人がいっていたようですね。
人の列は東京駅まであったってなんだか信じられません。
一般参賀の映像をテレビで見ると、実際には窓ガラスの向こうにいらっしゃるわけだし目が悪い私だとちゃんとは見えないでしょう。
並んで並んでぎゅうぎゅいつめのところで待ち続けるのなんて私は大嫌いです。
だから行列のできるお店にだっていきませんね。
そもそも、そういうお店は最後には良いことというか食事が待っているからともかく、一般参賀は新天皇のお姿が見えるか見えないかってところですよ。
敬う気持ちは素晴らしいけれど直接行きたいとは思いません。

人の悪口や噂話しをする人

結婚を目指しているとそれなりにサイトとか利用しようと思うわけです。
そうすると相手の好みをアピールする人がいます。
その中に、人の悪口や噂話しをする人は好きではないというのがたまにみかけます。
そりゃそうでしょう。
でも、悪口ってどの程度のことなんですかね。
あの人がこんなことをした、あんなことを言っていたってレベルでも“人の悪口を言う人”扱いなんだとかしたら発言に気を付けなければならないです。
女性特有のおしゃべりの延長戦が嫌いというのならわかりますよ。
しかし誰にだって合う人と合わない人はいます。
ひとの悪口を言わないというのは正論だし素敵なことです。
その限度がもっと高ければいいけどそうでない場合は複雑な気持ちになります。

ペヤングソース焼きそばに金粉

ペヤングソース焼きそばに金粉入りのものが発売されるようですね。
なにやらさまざまな挑戦をする企業ですねぇ。
ちょっと前には一日の総カロリーはあるくらいのドでかいのを売っていましたよね。
しかし、今度は金粉ですか。
ソフトクリームに金粉をはりつけているのもありましたね。
インスタ映えを狙ったのか、見た目を派手にしたいだけかもしれませんがあちらはなんとなくわかりますよ。
でもソース焼きそばはだいたい家とかで食べますよね。
そして、ペヤングソース焼きそばを食べる人がインスタ映えを狙いそうな気がしませんけど。(笑)
よっぽど高いのかなと思ったら普通のペヤングソース焼きそばより80円高いだけのようです。
意外と安いけれど食べたいという気持ちはわかないですね。

相いれない話題

女性と男性では相いれない話題ってあると思います。
でも先日は、たまたまこちらにいた薬剤師Oさんと漫画の話しで盛り上がってしまいました。
お姉さんがいるので、少女漫画をめちゃくちゃ知っていたんですよ。
Oさんも年上だし、お姉さんももちろん年上なので微妙に世代は一致していませんけどね。
オタクな趣味があったなんて驚きです。
そして私もいい歳をしてまさか職場でこんな話しをすることになろうとは!!と驚きです。
いるんですねぇ。こういう人。
以前、本屋さんで夫婦で少女漫画の話しをしている人達がいて羨ましいなと思いました。
旦那さんが詳しくてちょっと笑いそうになりましたけどね。
女性だって少年漫画を読む人もいるし共通の話題があると盛り上がりますね。

バスタイムカバー

基本的に温泉では湯舟の中にタオル等を入れるのは禁止されているものですよね。
人に見られるのは苦手なのでお湯で隠れるまでは隠しておきたいという気持ちは私にもあります。
そもそも、温泉に長く浸かれないし好きではないのでいきませんけど。(笑)
温泉が好きで行きたくても乳がんで乳房を切除した人や、手術で傷がある人も隠したいと思うでしょう。
そういう事情のある人には『バスタイムカバー』を使える温泉もあるそうですよ。
専用のものでその施設が許可しているのであれば、心強いでしょうね。
知らない人は眉を顰めるかもしれませんので、もっともっと周知させる必要があるでしょう。
人によっては使える施設を探していくでしょうし、ニーズはあると思います。

ひとくち目は美味しかったけど・・・

ローソンでクリスマス用のケーキのミニサイズを売っています。
ネットで見た時は何層にもなっているケーキがとても美味しそうで食べたいと思いました。
でもローソンっていつも通る道にないんですよ。
行こうと思わないと行けないコンビニです。
でもよく行くコンビニから少しあるいた場所にあったんです。
行ってみていざ目の前にあると、なんとなくイマイチ感がぬぐえません。
結局は買わないで帰ってしまいました。
でもこのことを先輩薬剤師Pさんに話してから、やっぱり食べたいと思い今度は自宅から徒歩で休日に買いに行きました。
実食してみたら、ひとくち目は美味しかったけどやっぱり思っていたよりは普通だったかな。
もう買わないですね。
別のものでもっと美味しいのがあるなとわかりました。

人気のバイクの盗難

人気のバイクの盗難が増えているそうです。
今は防犯カメラがあるので犯行の様子を捕えていることも多くなっているらしくテレビで放送されていましたよ。
同じマンションに前回と似たような犯人が白昼堂々と盗みにきていました。
HONDA PCXという1位、2位を争うくらい人気のあるバイク。
ブックスクーターよりはコンパクトで都市部にあっているし燃費も良いバイクです。
ハンドルロックをかけていたが前輪を持ち上げて運ぶことは可能!
映像は大阪で起きた盗難事件でした。
フリマアプリなどでも販売出来てしまうので素人でも簡単に転売できるのが犯罪増加に手を貸しているんでしょうね。
私が使っているのは古いただの原付バイクなので盗まれないとは思いますけど盗難なんてひとごとじゃなく腹が立ちます。

『十二人の死にたい子どもたち』

来年の1月に映画上映される『十二人の死にたい子どもたち』を読みました。
映像化が決定している原作を読むときは、どの俳優さんなのか知ってから読むことにしています。
その方が想像力が増しますからね。
しかし、今回のは内容が内容だからなのか、HPでは誰なのかわからないようになっていました。
全員未成年なので知らない人ばかりの予感もありますが残念でした。
集団自殺をしようと集まった十二人の子どもたちの前に、1人のしらない少年の遺体があり、それを実行できなくなるという話しです。
時間にして数時間の話しですね。
主人公はとくになくていろんな視点になるので誰が「犯人」かわかりません。
私の予想とは違いましたけどキャラ分けもできているし、まあまあでした。

「探し物はなんですかぁ~?」

「探し物はなんですかぁ~?」
で有名な歌を思い出すときは、大抵探し物は見つからない。
今探しているのは黒いショートブーツです。
去年、底が外れてしまって捨てようとしたら家人がボンドでくっつけてくれて、やっぱり履いていたんです。
あれはいったいどこにいったんだろう。
そこまでしたのに捨てたとは思えないから、靴がある場所を探したのですが出てきません。
ボンドでつけてくれたから使い続けたけれど、だんだんボンドがあると思える箇所が痛くなったのは覚えています。
だから家人には悪いけどやっぱり捨てたのかもしれません。
おばにもらったブランドもののショートブーツですごく歩きやすかったんです。
柔らかい革製品の良さを知りました。