語源は虫を羽で打つこと

「うちわ」の語源は虫を羽で打つこと、ってことらしいですよ。
エジプトの壁画にも登場するほとうちわの歴史は古い。
日本でも木製のうちわが出土しているんですって。
しかしこれは今のうちわのように風をおくるものではないそうです。
「うちわ」の現在使われている「団扇」は当て字です。
昔は「打ち羽」と書いていました。
虫を払うから魔を払うになったのです。
江戸時代に一般的に普及して利用されるようになりました。
余談として、左団扇は右利きなのにあえて使いにくい左手でゆっくり使うしぐさがあくせく働かなくても良いという意味からきているそうです。
でも・・・・左利きの人だっていますよね。
昔から右利きの人が多かったということですかね。

海の危険生物

ヒョウモンダコはフグと同じ毒どころか、1000倍もの毒がある有毒のタコなんですって。
しかも他の種類の毒も持っているってかなり要注意ですね。
毒は唾液に入っていて、噛まれると体に毒が回ってしまいます。
タコだけで墨をまかない。
墨がない、なんらかの方法で毒を貯め込んだと考えられています。
墨をまいて敵から逃げるってイメージですけそれがなく攻撃的ってますます怖いですね。
刺激すると青い色が出てくるという体の色がかわる珍しいタコです。
万が一踏んでもサンダルさえ履いていれば大丈夫。
噛まれたらすぐに病院に行くことが大切です。
傷口より心臓に近い位置をしばる処置をして病院に行きましょう。
まあ、私は海とか行かないので大丈夫ですけどね。(笑)

転職の面接

転職を初めてします。一人薬剤師の年齢不問の転職ということで緊張します。
周りがよく言っているようなスキルアップなどというかっこいいものではありませんが、自己都合ではあります。
転職を経験している人に聞くと、面接では前の退社理由を聞かれたとのこと。
こうした場合はちゃんと正直に伝えたほうがいいといわれました。
ですが、前の会社の悪い部分は口にしないほうがいいようです。
それはわかります。
しかし、自分の勝手な都合で転職したいということを伝えて印象が悪くなってしまうと不利になってしまうのでは?
何しろ初めてだらけで、何から手をつけたらいいのかわかりません。
前向きな考えを中心にした自己アピールの仕方も考えていますけど、果たして自分が考えたことで良い印象を与えられるのか、そして必要としてくれるのか不安でなりません。
前向きな気持ちはすごくあるのですが、気持ちって言葉に表すとなると難しいものですよね。
何度も頭の中で考えた言葉を書いてみるものの、読み返しているうちにおかしくなってきてしまい、寝ても冷めても転職のことばかりになっています。
そのまえに、行動をもっと積極的にやっていかないと転職先を見つけることすらでいなくなってしまいそうで気持ちばかりが焦っています。

物語と現実

毎年ゴールデンウィークは嫌なことが起きるイメージしかありません。
しかし今年は人に話すほどの嫌なことは起きていませんね。
強いて言うなら、読んだ本の中の恋人たちが微笑ましくて良い読後だったんですけど現実世界の自分の状況を思い出して暗い気持ちになったってことですかね。(笑)
物語の中には現実とは思えない悲劇だってあります。
でも現実にも酷い事故や事件はあります。
あれ?どっちも一緒ですかね?
いやいや、遭遇率で言えば物語の方がいろいろあります。
エンターテイメント、とはいえ心が重くなってしまう物語には出会いたくありません。
話しをもとに戻すととても良いカップルの話しを読んだってことです。
微笑ましいけど現実はもっと寂しくなっちゃいましたよ!

生徒たちのモラル

「高校クラス分け案 LINEで拡散」
なんてニュース記事があり、クリックするまでは
みんながみんなLINEが出来るわけではないのに、そんな連絡方法を学校が選ぶなんて!
と腹が立ちました。
しかし実際は、教師がクラス分けの資料を忘れて置きっぱなしにしてしまい生徒がそれを見つけてLINEで拡散したというものでした。
重要種類を忘れてしまう教師も注意が必要ですけど、なんでもかんでもネットにUPしてしまう生徒の方が問題だと思います。
近しい友人にだけ送ったつもりかもしれません。
それを見た人が次へと回した結果、拡散ということになったのでしょう。
それならそれで問題のなる行動をした人が多いということです。
教師のミスからはじまったとしても学校としては生徒にこの機会にモラルも指導するべきだと思います。

気遣いが必要なとき

私は経理の仕事をしたことがありません。
だから経理についている人は人様のお給料に関わるので、金額の入ったものについては細心の注意をはらうものだと思っていました。
パートさんの時給で、これで間違いがないか確認するようにという資料がありました。
それを見たらなんと!!
全国の時給が記されていたんですよ。
何年目の人はこの時給って。
県によって時給が全然違うのに驚きました。
国で定めている最低賃金も県によって違うのは知っていましたけど、身近なところで感じると微妙ですね。
仕事が出来ないという評価の人でも、バリバリ仕事をやっていて頼りになる人よりも時給が高いとか信じられません。
同じ県だけ見せるようにするのが普通なのになんで公表するような形をとったのか経理の人の神経を疑います。

パンケーキのお店

職場の近く・・・ではないけれど比較的近い場所にパンケーキのお店が出来たそうです。
お昼を食べているときにその話題を出してきたのは薬剤師歴20年以上の先輩です。
ただ、彼女はあまりその手のものに興味がないはずなんですよね。
そう聞いてみたところ、なんと息子さんからの情報らしいです。
今流行りのスイーツ男子というやつなんですかね。(笑)
名前は聞き忘れたとのことでしたが検索したら出てきました。
薄いパンケーキが重なっているのではなく、厚さがあるものが3つ重なっているやつでした。
私も元々興味は薄い方ですし、食べるのなら薄焼きを重ねた方が好きなので行くのはどうかなぁ。
しかも小さいお店で行列になっているんですって。
気が向いて行列じゃなければいいですけどね。

身近に回収騒ぎ?!

某会社のノートパソコンを使っているのですが、新聞にバッテリーに発火の恐れがあるという記事が載っていました。
私もさっそく調べてみたんです。
まずサイトで製品番号を入れてみたら、交換対象のバッテリーの可能性があるってメッセージが出てビックリしました。
そのあとは、パソコンからバッテリーを外してそこにテープで貼りつけてあるシリアル番号を入力する必要がありました。
でも新聞やサイトに載っている見本とシールが違いましたし、入力してみてもエラーになります。
フリーダイヤルで聞いてみようとしました何度かけても込み合っていてかかりません。
かなり時間がかかってやっと確認が出来ましたよ。
結果としては対象外のバッテリーでした。
とりあえず安心しました。

今後のことを思って

今まで喪服を購入したことがなかったのですがついに買うことにしました。
どこに売っているかもピンとこなかったのでお店を3つもまわってしまいました。
試着をしたのですが9号でぴっちぴちです。
今後、太ったときのことを考えて11号にしたのですがそれでもウェストのあたりが気にあるような・・・。
さすがに13号にすると肩幅とか合わないしで11号にしましたよ。
かくなるうえは下着でごまかすしかないでしょう。(笑)
ああ、でもせっかく普通じゃ出さない金額で洋服を買ったのに、すぐに着用できないのは珍しい出費ですね。
着る機会なんてこない方がいい服ですからね。
最初に着ることになるのはいつかだなんて考えたくもないです。
持っていないと困るけど出番に備えてもっておくべき洋服ですね。

不正は反対です

郵便局員の配達担当の人が仕事が面倒になったとかで郵便物を破棄していたとか隠し持っていたとかって話しは定期的に聞きますね。
保証のない普通郵便もよく使うので、この手の話しは他人事ではありません。
大抵は送り主が個人ではない企業のダイレクトメールだったりしますね。
以前の私ならダイレクトメールだったらいいや、良かったとか関係ないと思っていました。
しかし先日読んだ小説に企業で商品を売り出している人が主人公の話しがあったんですよ。
売れなければその企画部署がつぶれてしまいます。
なんとか商品の存在を知って欲しいといろいろな手を打つんですよ。
今はネットもありますけど、ダイレクトメールを送るというのもありました。
もちろんただでは送れません。
どうでもいいものなんてないわけですので不正はしないで欲しいです。